HOME>オススメ情報>ロレックスのオーバーホールの方法から王道モデルまでご紹介

時計のオーバーホールの方法

オーバーホールは、時計内部のすべての部品を点検し、破損しているパーツがあった場合には修理や交換を行ったり、パーツの洗浄などを行います。

ロレックスの王道モデル

  • デイトナ Ref.116500LN
  • サブマリーナー デイト Ref.116610LN
  • エクスプローラーⅠ Ref.214270
  • エクスプローラーⅡ Ref.216570
  • GMTマスターⅡ Ref.126710BLRO
  • ディープシー D-BLUEダイヤル Ref.126660
  • デイトジャスト41 Ref.126300
  • エアキング Ref.116900
  • ヨットマスター42 226659
  • オイスター パーペチュアル ミルガウス 116400GV

壊れるまえに内部を調整してもらえる

腕時計

超高級ともいえるロレックスの腕時計は、一度買えば一生ものといっても過言ではないアイテムです。できることならば、死ぬまで使い続けたいと考えている方もいるでしょう。そのため、ロレックスの腕時計が壊れてしまったのなら、『絶対に修理にだして再び使えるようにしたい』と予定しているかもしれません。しかし、壊れるまえに内部を調整してくれるオーバーホールというものがあるので、大事に使いたいなら是非とも活用しましょう。

修理するよりも安く済む

腕時計

ロレックスの腕時計となると、故障してしまった場合はかなりの修理料金が発生してしまうでしょう。しかし、オーバーホールなら修理料金よりもずっと安く済むので、できる限り安く維持したい方にもおすすめできる方法です。もちろん、定期的に行わなければいけないので、料金はそれなりにかかりますが、それでも故障してから直すよりもずっとマシです。それに加えて、故障してしまうと直せない可能性もあるため、やはりオーバーホールは必須だといえます。

広告募集中